Fukushima heute Berichte チャリティ講演:現状報告フクシマ2017(ぺートラ・アルトの経験談)

Fukushima heute Berichte チャリティ講演:現状報告フクシマ2017(ぺートラ・アルトの経験談)

Erfahrungsbericht von Petra Alt:
„Früher waren die Japan-Besuche reine „Holiday-Urlaube“, aber seit der Reaktorkatastrophe . . .“

フクシマ災害の「復興」はごまかし、秘密、美化で成り立っています。避難した人たちは今もなお汚染された地区に帰還しなければなりません。子供たちの甲状腺ガンは偶然の発病とみなされ、放射能の影響は無視されています。

復興はメデイアによって目覚ましく報道されていますが、実態とは異なります。「原子力緊急事態宣言」下で年間20ミリシーベルトの被爆を被災者に強要するのをやめ、事故を収束し、一刻も早く平常の状態にもどすべきです。

被災者は、放っておかれています。

Vertuscht, verheimlicht und schöngeredet -das sind die "Fohritte" bei der "Bewältigung" der Reaktorkatastrophe von F kushima. ...

Den gesamten Text zeigen

2 Teilnehmer (None eingeladen)

Ort

Ökotop Heerdt
Am Ökotop 70

Ähnliche Veranstaltungen